【節約術】ウェルカムスペース&披露宴会場コーディネート

こんにちは。
べに子(@be2be2k)です。

 

結婚式のテーマが
キャンプなので

会場の装飾も
「キャンプ風&ナチュラル」
に、しました。

 

この記事では

  • ウェルカムスペースの装飾
  • 披露宴会場のコーディネート
  • 私たちがした装飾節約術

を、ご紹介します。

 

ウェルカムスペースの装飾について

ウェルカムスペースの装飾についてご紹介します。

 

まこつ
ゲストが到着して一番最初に見る
ウェルカムスペースは
「結婚式の第一印象を決める場所」

ぬいぐるみや2人の写真を展示して
華やかにすることが多いウェルカムスペースですが。

 

私たちの結婚式では
装飾を見て楽しむよりも

ゲスト同士で話したり
ゆっくり過ごしたりしてほしい

と思い、装飾は最低限にしました。

 

【ウェルカムスペース】受付スペース

私たちの結婚式では
受付をしなかったので
A3に印刷した席次表を置きました。

真ん中にある席次表以外は
スタッフさんが準備してくれました。

 

べに子
ナチュラルで
めっちゃオシャレ!

 

【ウェルカムスペース】入口付近

入り口付近には
自前のキャンプ道具を展示しました。

 

 

テントの前にある「焚き火台」に注目。

炭風イニシャル。

一番下に
赤セロファンを巻いた
ライトをチカチカさせて
火がついてる風。

 

キャンプ道具は
外で使うものなので
泥や汚れは落としてから
持ち込みました。

 

べに子
そのままだと虫が出てくることも…!
アウトドアアイテムを
持ち込む人は事前に要チェック

 

 

ウェルカムスペースにかかった費用は

品物 値段 購入場所
キャンプ道具 0円(キャンプで使ってる) 自前
焚き火台 0円(キャンプで使ってる) 自前
木製イニシャル 220円(110円×2) DAISO
絵の具 220円(110円×2) DAISO
110円 DAISO
セロファン 110円 DAISO
A3の額縁 110円 DAISO

ウェルカムスペースにかかった費用は770円。

 

主に自前のキャンプ道具を使ったので
それ以外はすべてDAISOで揃いました。

 

披露宴会場のコーディネートについて

披露宴会場のコーディネートについてご紹介します。

 

【披露宴会場】披露宴会場前

ウェルカムスペースに置いていた席次表を
披露宴会場前に移動してもらいました。

イーゼルは式場のものをお借りしました。

 

【披露宴会場】メインテーブル

披露宴で、新郎新婦が座る
メインテーブルについてご紹介します。
装花は、全体的に緑。
ポイントで白とオレンジを入れてもらいました。
べに子
想像以上の可愛さ!
斜めから見るとこんな感じ。
最低ランクなのでボリュームは控えめ。
新郎新婦側から見るとこんな感じ。
メインテーブルにかかった費用はこちら。
品名 値段
メインテーブル装花 60,500円

【披露宴会場】メインテーブル横

挙式中に、スタッフさんが
ウェルカムスペースのキャンプ道具を
移動&展示してくれました。

 

 

新婦側に薪割りセット&テント以外のキャンプ道具。

薪割りセット。

 

まこつ
置き方がオシャレ!

スエーデントーチ(丸太)、
薪、斧、どんぐりは持参しました。

 

それ以外は、式場のアイテムで
装飾してくれました。

 

 

 

新郎側にはテントを置きました。

子どもたちが
中に入って遊んだり。

テントの前で集合写真を撮ったり。

 

【披露宴会場】ゲストテーブル

披露宴で、ゲストが座る
ゲストテーブルについてご紹介します。

装花は、枝や葉っぱ、
どんぐりを散らばせました。

 

中央には、キャンドル。

キャンドルサービスで
火を灯したとき
焚き火風になるようにしました。

 

キャンドルは通常時なら1本1000円

ゲストテーブル(1テーブル)にかかった費用はこちら。

品名 値段
ゲストテーブル装花 6,050円
どんぐり 0円(持参)
キャンドル 1,210円
演出1つ無料 -1,210円

キャンドル代は
演出(キャンドルサービス)アイテムとして
カウントしてくれたので無料でした。

 

会場コーディネートの節約術

私たちが実際に行った
装飾&会場コーディネートの節約術は、こちら。

  1. 装飾は最小限で、とことんシンプルに
  2.  アイテムは購入せず持ち込む
  3. テーブルコーディネートを選ぶ
  4. 「一生に一度だから」の言葉に惑わされない

 

①装飾は最小限で、とことんシンプルに

結婚式の準備を始めたばかりのときは
Instagramを参考にして

かわいく豪華に装飾しようと思ってましたが

 

 

べに子
正直、自分が参列する側のとき
一生懸命、装飾見てないな
と、思ったので装飾はシンプルに最小限にしました。

②装花は最低ランクで

スタッフさんに

スタッフさん
装花は、ある程度のランクを選ばないと
写真を見返したときに後悔する人が多いです

と、事前に言われましたが…

「まぁ、大丈夫だろう」と思い
すべてのお花を最低ランクにしました。

 

結婚式後、
「花、最低ランクやったんよ」
と、友だちに伝えると…

 

友だち
え?花、あったっけ?
どこにどんなんがあったか覚えてない。

「しょぼい」とか「豪華」とかの前に、
まず認識されてない。

 

まこつ
現実は、そんなもんでした

③アイテムは購入せず持ち込む

結婚式場でアイテムを購入すると高いです。
(ろうそく1本1,000円とか)

 

なので、式場で最低限
頼まないといけない装花は
最低ランクで注文し、

それ以外のアイテムは持参しました。

 

 

私たちは、どんぐりを持ち込みました。

お散歩中に拾ったどんぐり〜。

事前に冷凍&乾燥で虫対策も完璧。

 

装花の費用は抑えて
持ち込みアイテムでボリュームを出す。

 

まこつ
アイテム持ち込み可能か
式場に要事前確認。

 

 

④テーブルコーディネートを選ぶ

新郎新婦が座るメインテーブルは
ソファーコーディネートも選べました。

 

テーブル席ではなく
新郎新婦がソファーに座る
ソファーコーディネートには

ゲストとの距離が近く、
新郎新婦の姿がしっかり見える

などのメリットがあります。

 

なので、私たちも初めは
ソファーコーディネートを希望していました。

 

 

ただ、ソファーコーディネートは
ゲストから見える範囲が広いため
その分、装飾に費用がかかります。

装花の最低ランクも10万円〜と
テーブルコーディネートの2倍の値段

 

 

装花にお金をかけたくなかったので
テーブルコーディネートにしました。

 

当日は歓談タイムに
自らがゲストテーブルを周り
ゲストと話しに行くことも多かったので

テーブルコーディネートで
まったく問題ありませんでした!

 

まこべに
テーブルだと
料理も食べやすくて
あっという間に完食

「一生に一度だから」の言葉に惑わされない

結婚式場でよく言われるセリフはこちら。

  • 一生に一度だから
  • ほとんどの新郎新婦様はしています
  • 周りから見て恥ずかしくない
  • 一般的には〜〜
  • お二人が後悔しない…

そう言われると
「せっかくだし…」と
豪華な方を選びがちですが

 

自分たちが結婚式をする
目的を達成するために本当に必要かどうか。

もっと優先すべきポイントはないか。

一度、冷静に考えてみましょう。

 

【まとめ】アイテム持参で節約コーディネート

ウェルカムスペース&披露宴会場の装飾にかかった費用はこちら。

場所 費用
ウェルカムスペース 770円
披露宴会場メインテーブル 60,500円
披露宴会場ゲストテーブル 6,050円×8テーブル=48,400円

 

装飾はすべて最低ランクでしたが、
写真を見返しても後悔は一切ありませんでした。

 

お金をかければ豪華になりますが
工夫次第では費用を抑えて
見栄えをよくすることもできます。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

以上、べに子(@be2be2k)でしたー!

ブログランキング参加中!クリックで応援してください\(^o^)/

 にほんブログ村 恋愛ブログ 手作り結婚式へ