披露宴で決めたこと 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事は約 6 分で読めます

披露宴で決めたこと

披露宴では以下のことを事前に決めました。

  1. 披露宴で準備するペーパーアイテム
  2. 披露宴中に挨拶をしてもらう人
  3. 披露宴中のお色直し
  4. お色直しの退場エスコート役
  5. 演出内容
  6. 余興

披露宴で準備するペーパーアイテム

一般的な披露宴では、ゲスト一人一人に対して以下のペーパーアイテムを準備します。

  • 席次表
  • 席札
  • メニュー表
  • ドリンク表
  • プロフィールパンフレット
  • サンキューカード

私たちは、2つだけ準備しました。

  • マスクケース(席次表&サンキューカード&ドリンク表)
  • 席札

他のアイテムは別で代用しました。

私たちは節約のために手作りアイテムを持ち込みましたが、アイテムを持ち込みたい方は事前に以下のことを確認しましょう。

  • アイテムの持ち込みは可能か?
  • 持ち込み料はいくらか?

ノートルダム北九州はペーパーアイテムの持ち込みは無料でした。

手作りは面倒だけど結婚式場に頼むと高い。そんな人はペーパーアイテム専門業者に頼むのも◎

披露宴中に挨拶をしてもらう人

披露宴中の挨拶は、こちら

  • 主賓挨拶(新郎側1名、新婦側1名)
  • 乾杯の挨拶
  • 友人代表スピーチ(新郎側1名、新婦側1名)
  • 両家代表挨拶

私たちの結婚式では

主賓挨拶(新郎側1名、新婦側1名)はなし。職場の人を呼ばなかったので、主賓挨拶自体、無くしました。

りつ

りつ

過去に参列した結婚式の主賓挨拶で10分ちかく喋ってた人がいた…。「はよ酒飲みたい」と思った。

「お偉いさんを立てないけんけど、めっちゃ喋る人やけ祝辞頼みたくないな…」ってときは、祝辞を無くして乾杯を1番目のお偉いさんにお願いする方法がオススメ!(プランナーさん情報)

みんながグラスを持って立ってる状況だと、長々とは喋りにくくて手短になるからって。勉強になるね!

乾杯の挨拶→新郎新婦共通の友人(新郎の先輩)

新郎の希望で、新郎の先輩に。新郎新婦共にお世話になっている人を選びました。

友人代表スピーチ(新郎側1名、新婦側1名)→新郎新婦共通の友人1名

新郎新婦共通の友人1名にお願いしました。

両家代表挨拶→新郎父

新郎側の父が話すことが一般的なので新郎父に、お願いしました。

披露宴中のお色直しについて

一番、最初に決めておきたいのがお色直し!回数や衣装によってできる演出や余興の枠も変わります。

  • お色直しの衣装(ドレス?和装?)
  • お色直しの回数
  • 衣装を着る順番

衣装担当さん曰く、ほとんどの結婚式でお色直しは1回か2回だそうです。

私たちは、お色直しを1回しました。

中座のエスコート役

お色直しのために退場するときにゲストを指名して一緒に退場します。(新郎新婦2人で退場することもあります)

お色直しのエスコート役によく選ばれるゲストはこちら。

  • 母親、父親
  • 祖母、祖父
  • 兄弟、姉妹
  • 親友

私たちの結婚式での中座エスコート

新婦中座:各友人テーブルから1名選抜→ゲストが主役になれる。ゲスト同士で盛り上がれる演出。

新郎中座:新婦父→両家ともゲストの前で話す機会を。(新郎父は、両家代表挨拶で話す)

お色直しエスコートは、ゲストが主役になれる演出をしました。

披露宴中の演出について

王道の演出はこちら

  • ケーキ入刀
  • ファーストバイト
  • キャンドルサービス
  • フォトラウンド
  • 新婦の手紙

私たちの結婚式では少しアレンジして、

  • ケーキ入刀→薪割りセレモニー
  • 再入場時にダンス
  • フォトラウンド
  • キャンドルサービス
  • 新婦の手紙→新郎の手紙

余興について

ゲストに余興をお願いする場合は、全体の流れが決まった後に依頼するのがオススメ。お色直しの回数や演出によって余興にとれる時間や枠数が決まるので。

余興は、するのか?誰に頼むのか?余興の準備もあるので結婚式の3ヶ月前には、お願いしましょう。

私たちの結婚式では、お色直し後に余興1枠、取ることもできましたが余興はせずに、歓談タイムにしました。

まこ&りつ

まこ&りつ

自分の結婚式の内容は自分がすべて把握しておきたい、というのが一番大きな理由。

まとめ

自分たちもゲストも一緒に楽しめる、一部の人たちだけでなく会場にいる全員で楽しめるような演出をたくさん取り入れました。招待するゲストによって演出を変えたり、アレンジしたりすると◎

ライター紹介 Writer introduction

りつ

福岡県北九州市在住 / 1994年5月生まれ /

page top