【失敗談】式場成約前にこうすればよかった 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事は約 7 分で読めます

式場成約前に入念な事前準備を!

ブライダルフェアでそのまま結婚式場を成約し、結婚式の準備を進めていく中で「結婚式場を決める前に、もっといろいろ調べておけばよかった…!」と、思う場面が何度もありました。

成約した結婚式場に不満があるわけではないけど、事前にきちんと調べていたら、もっと費用を抑えたり自分の要望がより叶えられたりしたんだろうな、という気持ち。

これから結婚式場を決める方にむけてブライダルフェア当日に成約した私たちが式場成約前に知りたかった情報をまとめました。

【失敗談】式場成約前にこうすればよかった…!

私たちが式場成約前にこうしとけばよかった…と思ったことをご紹介します。

いろんな種類の結婚式場を見学する

結婚式ができる場所は大きく分けて4つあります。

  • 専門式場
  • ゲストハウス
  • ホテル
  • レストラン

私の中で結婚式=専門式場orホテルなイメージだったので、参加したブライダルフェアは専門式場とホテルのみ。

専門式場を成約し、準備をしていく中で思いました。挙式への憧れも、披露宴ならではの演出にも、そこまで興味がない私たちにはレストランウエディングが規模的に、ちょうどよかった

式場成約前に「費用を抑えて(グレードを下げて)後悔することがあるかも」は、考えましたが

「ここまでしなくていい(いらない)な。でも、これ以上、下げようがない。」で、悩むとは思いませんでした。

ぜひ式場成約前に、いろんな種類の式場を見学して自分たちに合う結婚式場を探してみてくださいね。

式場見学・ブライダルフェアに参加の際は、予約も忘れずに!

結婚式でしたいことをしっかり決めておく

ブライダルフェアで「前撮りをするか」を聞かれたとき「みんなしてるし、自分たちもするだろう」と思い、見積もりに入れてもらいました。

そのとき、提示された見積もり総額が、成約まであと一歩の値段で悩んでいたら「今、成約してくれるなら前撮り用ブーケ30%オフにします」とスタッフさんに言われて、自分たちの希望額をクリアしたので成約しました。

ただ、準備を進めていく中で、ドレス姿は結婚式当日にたくさん撮ってもらえるし、前撮りいらないな、と思い前撮り自体やめました。成約の決定打となった前撮りブーケ30%オフが、まさかの意味なし…!

自分たちにとって本当に必要なものをちゃんと考えて、そこを値引きして貰えばよかった…。お値段そのまま、料理を1ランクあげてもらうとか。

何も考えずにブライダルフェア巡りをしていて起きたエピソードを1つご紹介。

高級式場Aと普通式場Bの見積もりが同じ事件

高級結婚式場Aのブライダルフェアに行きました。そのとき出してもらった見積もりが想像以上に安くてビックリ。

「この値段なら式場Aもありかも」と思いながら、普通式場Bも見学すると…普通式場Bと高級式場Aの見積もり総額がほぼ同じなのです。

ただ、見積もりを見比べると…

 高級式場A普通式場B
前撮りなしあり
装花、ウエディングドレスなど一番下のランク平均的なランク
新郎お色直しなしあり

そもそも内容が全く違う。

自分たちがしたいことが定まってない状態で、値段だけで決めてしまうのは超危険。同じ内容にしたら高級式場Aのほうが圧倒的に高かった。

前撮り、料理のランク、お色直しの衣装、アイテム持ち込み料などなど…自分たちがしたいことをしっかり決めてから、同じ条件で比較しましょう。

思いつくワガママは、事前にすべて伝える

式場スタッフさんも成約してもらうために必死です。こちら側のわがままが一番通るのは式場成約前

私がブライダルフェアで必ず確認したのが、手作りドレスの持ち込みはできますか?ほとんどの結婚式場では衣装の持ち込みはNGでしたが、成約前だったので、すべての式場で特別に許可をいただけました。

成約後、せっかくなら新郎もおそろいの布でオリジナル衣装を作ろう、と思い「新郎の服も持ち込んでいいですか?」と、尋ねましたがそちらはNG。成約前に新郎の手作り衣装持ち込みの許可も、貰えばよかった。

式場成約前に自分たちがしたい結婚式の内容を決めるのはもちろん思いつくワガママもすべて伝えましょう!

今日だけ!の言葉に惑わされない

「今日、成約してくれた人だけ!今だけ大幅値引き!100万円値引きします!」そう言われると、すぐ決めなきゃ!って焦るけど…

期限過ぎても「この前と同じ金額なら、成約したいです」って言えば、大概のところは認めてくれそう。(あくまで予想)

値段は、なんとかなっても日程は早く決めたほうが安心なことは安心。

見積もりは「最高値」で出してもらう

ブライダルフェアで式場を比較しているときは「〇〇万円以内で収めたい!」と思って、グレードを低めにしたり自分たちで準備できるものを削ったりして見積もりを出してもらいました。

これが、大失敗でした。

見積もりでは衣装を最低ランクにしたけど最低ランクの衣装がほとんどなかったり。料理のランクもあげたくなってきたり。

ブライダルフェアでは、「〇〇万円以内にしたい」と思いついつい無駄を削りがちですが…

自分たちなら、どれだけ派手にやってもこれぐらいの最高値で見積もりを出してもらいましょう。

そうすれば、あとは値下がりするだけなので気持ち的にめっちゃラク。

まとめ

私たちが式場成約前にこうしとけばよかった…と思ったことは、こちら。

  1. いろんな種類の結婚式場を見学する
  2. 結婚式でしたいことをしっかり決めておく
  3. 思いつくワガママは、事前にすべて伝える
  4. 今日だけ!の言葉に惑わされない
  5. 見積もりは「最高値」で出してもらう

ぜひ式場成約前に入念な準備を!ブライダルフェアの予約も忘れずに!

ライター紹介 Writer introduction

りつ

福岡県北九州市在住 / 1994年5月生まれ /

page top