ベリーショート花嫁のヘアメイク事情 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事は約 7 分で読めます

湧き上がる「刈り上げたい願望」

ヘアメイク雑誌やSNSに載っている多くの花嫁さんは、ロングヘアーを可愛くアレンジしています。普段はショートカットの私も「結婚式にむけて…」と伸ばしていたのですが、

「刈り上げたい欲求」に、かられ刈り上げました。

ヘアメイク担当さん曰く「ショートカットの花嫁さんを担当するのは数年ぶりです。ここまで短いのは初かも」とのこと。

刈り上げベリーショート花嫁のヘアメイク事情をご紹介します。

ベリーショート花嫁ヘアメイク打ち合わせ

ヘアメイクの打ち合わせは、結婚式の2ヶ月前にしました。私は前撮りもメイクリハーサルもしないので、実際のヘアメイクは、ぶっつけ本番。

ヘアメイク担当さんのご好意で当日、早めに集合して打ち合わせしてもらえました…!

ヘアアレンジの打ち合わせ

ヘアアレンジの打ち合わせのときは、まだ刈り上げていませんでしたが、刈り上げたい願望を打ち明けました。

私「私、刈り上げが一番テンションあがるんです。ただ、プリンセスラインのドレスを選んだので、ドレスを着たコボちゃんみたいになりますか?」

メアメイク担当さん「アレンジにも寄りますが、ベリーショートの方はロングヘアでアップしている花嫁さんと同じ雰囲気になりますよ。せっかくの結婚式なんで自分が一番、好きな髪型で行きましょう。バリバリ刈り上げちゃいましょう」

美容のプロフェッショナルに、そう言ってもらい、とても心強かったので調子に乗ってバリバリに刈り上げました。

刈り上げすぎました。

メイクの打ち合わせ内容

最初に普段のメイクについて聞かれました。

  • ほぼ毎日すっぴん
  • デートやお出かけのときしかメイクしない
  • つけまつ毛やカラコンは全くつけない
  • ナチュラルメイク
  • アイシャドウはピンク
  • 眉毛は伸ばしっぱなしで、たまに眉毛ワックスに行く
  • 眉毛の形はキリっとか平行眉か悩み中
  • メイクにかかる時間は10分弱

これがりつの普段のメイク(してない)

りつ「モノマネの関係で、たまーに、つけまつ毛やカラコンをつけることがあります。家で2時間ぐらいだけですが。結婚式の日は映えるためにカラコン、つけま有りの方がいいですよね?」

ヘアメイクさん
「(モノマネってなんだよ)あるほうが華やかですが、普段しないなら、しない方がいいですよ。気になって結婚式に集中できなくなります。

ということで、つけまつ毛、カラコンはなし。

つけまをつけない人が、まつ毛にボリュームを出すならまつげパーマがおすすめ◎

花嫁さんのメイクってバリバリ濃くするものかと思ってたー。

ヘアメイクさんのアドバイスで当日はナチュラルメイクで行くことにしました。

ベリーショート花嫁の失敗談

衣装合わせ時はボブぐらいでした。

そのときは結婚式までに伸ばす気満々で衣装を決めましたが、その後、バッサリ。

まさか刈り上げるとは思わず、かわいいドレスを選びました。ドレス決定後の変更、キャンセルはキャンセル料がかかる場合があります。私の場合はキャンセルするとドレス予約金5万円がパァに。

キャンセル料が嫌だったのでドレス変更はせず、当日もなんとかなりましたが。衣装は早めに決めるべき!だと思ってたけど、気が変わりそうな人はギリギリでもいいかも。

ベリーショート花嫁のメリット

私が思うベリーショート花嫁のメリットがこちら。

普段が超ラク

これ!とにかくこれ!普段が超ラク。

ベリーショート花嫁は少ないので印象に残る

たくさんの花嫁さんと関わってきているヘアメイク担当さんが「ショートカットの花嫁さんを担当するのは数年ぶり」と言うぐらいです。

ロングヘアーの花嫁さんに比べて、圧倒的に少ないのでそれだけで印象に残れるはず。

ショートカットかわいい

これは一個人(りつ)の意見。

黒髪ショートカットかわええ。

自分が好きな髪型で望むのが一番でしょう!

と、いうことで。

ベリーショート花嫁のデメリット

私が思うベリーショート花嫁のデメリットがこちら。

ショートカット花嫁の例が少ない

メリットでは少ないから印象に残れると書きましたが。その反面、ショートカットの事例がロングと比べると少なくて不安。

切って後悔せんかな…。って心配はありました。髪を短くして後悔したり、もっと伸ばしたいけど間に合わなければウィッグを取り入れるのも◎

ヘアメイク費用がもったいない

結婚式ではヘアメイク費用がかかります。ロングもショートカットもヘアメイク費用は同じなのは、ちょっと悔しいね。

まとめ

ベリーショート花嫁の当日の様子はこんな感じ。

後ろ姿。

横から見るとこんな感じ。

可愛いドレスでもそこまで違和感なく。

かわいさも、かっこよさもあっていい感じ!(自分で言っちゃう〜)

自分が一番好きな髪型で臨むのが一番!

ライター紹介 Writer introduction

りつ

福岡県北九州市在住 / 1994年5月生まれ /

page top